市町村保健師の業務に関する意識・実態調査

調査協力のお願い

本調査は、市町村保健師の方々の業務における意識・実態に関してお聞きするものです。 市町村保健師の方の業務における課題の取り組み方や、調査・分析実施状況などに着目し、効果的な業務方法について調べたいと考えております。 所要時間は約5分です。

近年、地域住民の健康ニーズの多様化に伴い、市町村保健師の方々は非常に多くの業務に携わっていることと思います。 その中で、地域の現状に合わせた保健活動を展開していくことが求められていますが、それに対する市町村保健師の方々の取組みや、直面されている障害あるいは問題点を明らかにしたいと考えております。
取得したデータや個人情報は、研究目的以外には一切使用しません。また、個人が特定されるような形でデータを公表しません。データの保管には万全を期し外部へは漏洩しません。
調査結果は卒業論文等の学術研究のデータとして使用させていただきます。

宮田 茜(みやた あかね) 名古屋工業大学 工学部 都市社会工学科4年

横山 淳一准教授 yokoyama@nitech.ac.jp 名古屋工業大学 工学部 都市社会工学科

    あなた自身について教えて下さい
  1. 保健師としての通算経験年数
  2. あなたは次のうちどの体制で保健活動をされていますか(最もあてはまるものを1つ選択)
  3. あなたの現在の職位をお選びください(最もあてはまるものを1つ選択)
  4. 配属部署(担当課)に保健師はあなたを含めて何人いますか
  5. あなたがこの1年間で最も時間をかけている業務を1つお選びください
  6. あなたの普段の業務での疑問や気づきへの対応についてお聞きします。
  7. 日々の業務の中で、対象の傾向や現象について疑問や気づきを持つことはありますか
  8. 業務で疑問や気づきをもった事柄に対して観察することはありますか
  9. 観察記録をつける等、データを収集することはありますか
  10. 集めたデータを具体的に分析することはありますか(前年度との比較、他のデータとの関連を見る等)
  11. 分析の結果を受けて、新しい取り組みや活動の仕方を考えたことはありますか
  12. 業務で疑問や気づきをもった事柄に対して分析を行う時、何が問題になると思いますか。
  13. 所属されている組織が行っている調査・分析についてお聞きします。この設問での「分析」は、所属されている組織で業務の1つとして実施されているものとします(ご自身が企画したものも含む)。
  14. 現在所属する組織で調査・分析が行われることはありますか
  15. 現在所属する組織で、前問の調査・分析をあなたが担当されることはありますか
  16. 現在あなたが担当されている業務に関して、予算が必要な調査・分析をしたいと思いますか。
  17. 前問14の回答の理由について教えてください
  18. 分析調査を担当するとき、どこに一番困難を感じますか
  19. 所属する組織であなたが調査・分析を実施する場合、何が特に問題になると思いますか。
  20. その他
  21. その他、本アンケートに対するご意見、業務に関するお気づきの点などありましたらご記入ください。